ゴートメッシュ編み方ひと手間

ゴートメッシュ編み方ひと手間

独特な編み手法で作られた新素材、RENオリジナルの"ゴートメッシュ"。
その1本1本は、裁断から縫製までの全てを職人の手作業で作られています。
ミシンで縫製されたレザーバッグとは違い、数倍の時間をかけて仕上げられるゴートメッシュのバッグ。
今回はゴートメッシュのつくりについて、こだわりのポイントをいくつかご紹介します。

ラインナップ

ランチバッグS

ランチバッグL

サコッシュS

サコッシュM

製法のこだわりポイント

一つ一つが手編み
"石畳編み"という手法で編まれているゴートメッシュ。一粒一粒が均一になるよう、熟練の職人の手作業で丁寧に仕上げています。
この手法では、編んだ革の表と裏の編み目が同じ模様になり、内側から見ても綺麗な仕上がりになります。技術的にも難しく、この編み方が出来る職人も限られている中、手間と時間をかけて手作りされています。
少し艶感のあるレザーを使用しており、そのため光の加減によって粒が自然な光沢を魅せ、全体に涼しげな印象に。
つなぎ目も綺麗に
本体とショルダーのつなぎの部分で編み方を変えていることもポイントの一つ。

本体の中心線を基準に、編み目のバランスを計算し丁寧に編み込んでいきます。
ちぐはぐな接合部分に見えず、編み目模様が綺麗に保たれるこの手法は、大事な仕上げのひと手間となります。

※ショルダーの経年変化によってハンドルが伸びる場合があります。

裏地無しで涼しげな印象に
あえて裏地をつけず、全体の涼しげな印象の仕上げにこだわりました。内部はポケットなしでごくごくシンプルに。お好みのポーチをご用意頂き、収納を自由に。

また、通常の5倍の量のレザーを使用しており、重さも気になるところと思いますが、石畳み編みは通常のメッシュ編みよりも軽く仕上がるのが特長です。その利点を活かし、裏地をつけずに軽量化を目指しました。

カラーバリエーションはこちら

ホワイトも加わりました!

好評の定番色も出来上がりました!

ページトップへ