特集 気になる経年変化。スタッフにインタビュー!

気になる経年変化。スタッフにインタビュー!

くったりしなやかな質感、素肌のような自然な風合いにこだわり作られたRENオリジナルのゴートレザー、"BARE/ベアー"。
ひっかきなどの傷に強くタフなベアーのシリーズは、スタッフにも愛されています。
現在ベアーのカラーは3色。
それぞれのカラーのバッグを愛用しているスタッフに、使い心地をインタビューしてみました!

ベアー・クラッチショルダーXS ecru beige

蔵前店 松野
使用している期間
6ヶ月(週5日)
ケア
特になし
用途
主に仕事中、屋内で
Q 「全体がよく馴染んでいるように見えますが、使い込むうちに色の変化などを感じましたか?」
松野さん:「全体が薄くなった・濃くなった、という大きな変化は感じませんでした。ボールペンやスマートフォンを入れて使用しているのでよく物の出し入れをするのですが、よく触れるマグネットのあたりは、手のあぶらも入ってちょっと茶系に濃くなりました! ツヤがよく出てきて愛着が湧いています。」
Q 「革製品だとやはり気になるところ…。シミや汚れはどうですか?」
松野さん:「屋内で使う予定だったので雨染みの心配などはなかったけれど、休憩中にコップに付いていた結露がポトッと垂れてしまって…。」
Q 「焦りますね。シミにはならなかったですか?」
松野さん:「焦りましたー。すぐに拭いてみたんですけど、すでに水は革に吸い込まれてしまっていて…結局ほんのりシミになってしまったんです。けれど、使っていくうちになんだか馴染んできたようで、今ではどこにあったのかすぐには見つけられない程度になりました。」
Q 「ecru beigeを選んでよかった点、またその逆もおしえてください!」
松野さん:「濃いめの落ち着いたカラーの洋服が多いので、コーディネートに困らず持てたのが良いところですね。ただ、デニムを履くときは色が移ってしまうのでちょっと気をつけています。blackなどの濃いカラーと比べると、汚れがついたときには目立ちやすいのかなぁ…と感じますが、気に入っている色ですし、それも味として楽めたらなぁと思います。」
やぎ革のナチュラルな質感を引き立たせてくれるecru beige
週5日 松野さんに寄り添っているクラッチショルダーは、ベージュといえどなかなかいいツヤになっていました。彼女は特にケアをしていないそうですが、うっかりついてしまうシミの対処法として、防水スプレーは有効かもしれません。

BEFORE

ふっくらとやわらかそう。

AFTER

フラップの端もなじんできて、全体的にツヤが。
このバッグの購入ページはこちら

ベアー・パンプキンサックM navy blue

新宿小田急店 渋川
使用している期間
3年(2年ほど週5日、現在は週1〜2日)
ケア
特になし
用途
通勤用として
Q 「いいツヤが出ていますが、色の変化はありましたか?」
渋川さん:「ツヤはかなりでました。正直こんなにツヤツヤになると思っていなかったので驚きです。色はもともと青味が強い染まり上がりだったと思うのですが、少し色が抜けたのか、明かりの具合で少しグレーっぽく見えることがあります。ツヤが出た分、使い始めの時よりも色が明るく見えているのかなぁという気もします。」
Q 「そこまでのいいツヤを出すにはどんな使い方をすればよいでしょうか!何かコツはありますか?」
渋川さん:「うーん、特にツヤを出そうと思って使ってはいなくて…。ただ私、とにかくたくさん物を入れるし使い方がワイルドなんです。そうして使っていたら、いつの間にかツヤが出ていました。」
Q 「たくさん物を入れて、伸びませんでしたか?」
渋川さん:「ほんの少しだけ伸びたかも…。けれど持ち手に幅のあるデザインですし、ちぎれてしまうんじゃないかと不安になるような伸び方ではないですね。むしろ引っ張られて、ハリが出た感じ。まだまだ長く使っていけそうです。」
独特な染まり上がりが好評のnavy blue
渋川さんが使っているnavy blueの染まりは、やや青味が強めのものだったようですが、その仕上がりはその時々で異なります。使い込むうちの色の変化も1点1点の味わいが。

BEFORE

物を取り出す時など、
よく触れる部分はよりツヤが増します。

AFTER

別の使用前のものと持ち手のBEFORE,AFTER。
手前が渋川さんのバッグ。ツヤツヤです。
このバッグの購入ページはこちら

ベアー・2wayレジブクロM black

恵比寿店 行方
使用している期間
3年半(週2,3日)
ケア
デリケートクリームを1度
用途
仕事・休日どちらにも
Q 「ちょっと持ち手が伸びていますね。」
行方さん:「そうなんです。渋川さんのように、わたしも荷物が多くて…。パソコン・バッテリー類・手帳・ペットボトル・ポーチ…などなど、通勤用の荷物はかなりの重さになってしまいさすがに伸びました…。けれどハンドル1本でよく耐えてくれています。ちょっと負荷をかけすぎかなと思いつつ、しっかり持てるのでついついたくさん入れてしまいます。」
Q 「重い分、洋服と摩擦が起きるような気がしますが、色移りなどはなかったですか?」
行方さん:「季節問わず使っていますが、今のところ色移りを感じたことはありません。ただ、革製品の色移りは経験したことがあるので、使い始めて1年くらいは色移りを気にしながら使っていました。」
Q 「デリケートクリームは、何に使用したのですか?」
行方さん:「バッグの側面に、白っぽい汚れがうっすらついてしまったんです。おそらく化粧品じゃないかと思うのですが…。油シミなどではなかったので、デリケートクリームできれいに拭き取れました。日頃何もケアをしていなかったので、ついでに全体もさらっと拭いてみました(笑)」
ベアーの3色の中でもひときわツヤ感が目立つblack
行方さんのバッグも、使い込むうちに増してきたツヤによってやぎ革のくったり感がより感じられるようになっていました。
ベアーシリーズ登場以来ご愛用いただいている方も多いblack。汚れが目立ちにくく、長くご愛用いただけるカラーです。

BEFORE

AFTER

このバッグの購入ページはこちら
ここまで、RENのオリジナルゴートレザー"BARE/ベアー"の経年変化を、愛用しているスタッフへのインタビューでご紹介しました。
今回インタビューに答えてくれたスタッフの他にも、"BARE"を愛用しているスタッフはたくさんいます。
素材のことでお迷いの際は、ぜひ直営店スタッフにお問い合わせください。

ページトップへ