Column

アトリエだより – ワークショップができるまで –

RENでは年に数回、全国各地でワークショップを開催しています。
ワークショップは主にRENオリジナルレザーのピッグスキンのはぎれを使ったものになります。

今回は何をつくろうか。
どうすれば楽しんでもらえるかな。

作業台いっぱいに広げた色とりどりの革はぎれを手に取りながら
こうしたら、ああしたらと、職人とスタッフで意見を交わし
ワークショップの計画を練っていきます。

今日はスタッフがはぎれを使ったタッセルづくりに挑戦していました。

革はぎれの中には過去の限定色も混ざっていて、たくさんの色の中から自分好みの色を探します。

わくわく、どきどき

なんだか宝探しをしているような気分。

いろんな色を使うのも良し。
同系色でまとめるのも良し。
出来上がってみるとどの作品も個性があり、とても素敵です。

今年もたくさんのワークショップを開催したい考えています!
HPでもお知らせしますので、ぜひ参加してみてください(^^

RENではバッグをつくる際にでたはぎれを詰め合わせた「革のはぎれパック」という商品があります。

鞣しから染色までを墨田区のタンナーで行なっているRENオリジナルレザー。
ピッグスキンは革が薄く柔らかいので
裁断はハサミで簡単にできます。
縫ったり、貼ったり、曲げたりと扱いやすい革なので
レザークラフトが初めての方にもおすすめです。

素敵な小物づくりに、ぜひRENのレザーをお役立てください。