Column

ミニショッパー-デザインの秘密、こだわりポイント

普段の生活でなじみ深いデパートやショップの紙袋。
その紙袋をイメージしながら作られたのが
いまやRENの定番アイテム、ミニショッパーです。

“遠目から見るとまるで本当の紙袋みたい”

通りすがりにウィンドー越しにあったミニショッパーが目に留まり、
初めてお店に入ってみたというお客様から
そうお声掛けいただくことがあります。

初めて見る人に
“ちょっと気になる”気持ちにさせるデザイン。

柔らかいのに、すーっと伸びる直線。
物を入れても沈みにくい底マチ。

とってもシンプルに見えますが
そこにはアトリエの職人目線で考え抜かれた
“つくり”へのこだわりが込められています。

紙袋のようにスーッと伸びる直線は
レザーの切りっ放しの面を活かして
おもて面からからミシンを叩いた外縫いで。

物を入れても沈みにくい底マチは、
調度良い厚みの芯材を合わせて
柔らかく緩く弛むような仕上がりに。

使い込んで柔らかくなると
更にくたっとした風合いが
違和感なく、自然に現れるように
本体と底面のつなぎ目を作らない
裁断方法をとりました。

実際に紙のショッパーを持って持ち手の感覚を確かめたり
持った時の雰囲気を鏡の前で確かめたりしながら
“直線”だけどレザーの柔らかさが生きる
紙袋のようなレザーバッグが出来上がりました。

ちょっとしたお出かけにおすすめの
小ぶりなミニショッパー。

両サイドについたホックも
ポイントで
荷物量がちょっと増えた時は
両サイドのホックを外して
調整ができます。

ちょっとしたこだわりで
普段使いが
ひとつ便利になります。

この春夏は、新色2色もお目見えです。

ハリー・ミニショッパー
¥13,000 + tax
新色:sorairo, lilac
定番色:black, camel, pink beige