CARE

ケアに関する私たちの考え

 

レザー製品をつくる多くのブランドは、
ケアをしながらきれいな状態を保ち、
丁寧に使い込んでいくことを推奨していますが、
私たちは使用によるキズやシミを決してネガティブなものとしてとらえていません。

 

人は誰しもが違った尊い存在であるように、
素のレザーにはもともと個体差があります。
キズや色ムラは天然素材ゆえの証とし、
コーティングなどで隠すことをせず、
そのままの風合いをむしろ大切にしながら仕上げています。

 

なのでお手入れもまた、
使う人それぞれの考えに委ねています。

あなたが「経年によるクセもまた愛おしい、それも自分らしい」と感じたなら、
とくにケア用品を使う必要はありません。

 

できるだけ買った時の状態を長く保ちたいのであれば、レザー用のケアクリームがあります。表面に付着した汚れを馴染ませ、乾燥や退色を和らげ、革に潤いとツヤをもたらせます。

 

また革は湿気に弱く、タンパク質が主な成分のため、カビの生えやすい素材です。雨に濡れるとシミになる恐れもあります。そこで防水スプレーを使うのもよいでしょう。水を弾くだけでなく、汚れも付きにくくなり、風合いも長持ちします。

(これらのケア用品はオンラインストアでご購入いただけます。)

 





ケア用品について

RENの革と相性のよいケア用品をお取り扱いしています。商品の詳細、使い方についてはこちらをご覧ください。



水に濡れたとき

RENのレザーは「素上げ」といって、革の表面にコーティング等を施していないレザーがほとんどです。そのため吸水性が高く、防水スプレーなどで保護をしていない場合には、雨や水分が乾いた後にシミに残る場合があります。


シミ、汚れがついた時

一度ついてしまったシミや汚れはご自身のケアで完全に落とすことはできません。しかしながら早めに対処する事で、目立たなく出来る事があります。シミの種類にもよりますが、ついてすぐのものであれば早めの対処である程度目立ちにくくできるものもあります。


保管するとき

製品を長い間ご使用にならない時には、風通しの良い空間で保管して下さい。湿度の高い場所での保管は、カビの原因や革が変質する可能性があります。カビ予防として「モールドクリーナー」を使うのもよいでしょう。





修理について

お修理をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご相談ください。製品を一度お預かりさせていただき、修理内容、期間、費用等のお見積もりをご確認頂きます。ご納得頂いた上で、修理を承ります。製品の状態によっては、ご希望に添えない場合がございますので予めご了承ください。
※直営店舗でご購入いただいた商品につきましては、ご購入店舗が受付窓口となります。直接お近くの店舗へご相談ください。