CONCEPT

RE New Standard

 

革だからといって気にせず、
日用品として使い倒して欲しい。

 

そんな思いから始まったREN。
 

それには丈夫なほうがいいし、軽いほうがいい。
牛革にこだわらなくてもいい。
きれいをずっと保たなくてもいい。
すぐに捨てられてしまうものは、
できるだけつくりださないほうがいい。
(すぐに捨ててしまう袋は、本当に必要なのか)

 

ものは誰かに気に入られるためでなく、
自分が気にいるかどうかで選んだほうがいい。
使い込まれた状態を風合いととるか、劣化ととるか。
だけど劣化もまたいい。キズやシミやシワも素敵。

 

どんなときも、こんなときだからこそ、
リサイクルとDIYの精神は持っていたほうがいい。

 

これが、
ブランドが生まれた時からずっと変わらない、
RENの新しいスタンダード。

 

ものの選びかたや使いかた、価値観、
生きかた、社会への意識まで。
そのひとつひとつをもう一度、思い出して、
めざして、つくっていく。