INFO

【手作りキット】フリンジサコッシュの作り方


お店のワークショップでも人気の “フリンジサコッシュ”
革紐を穴に通して、結んで、簡単に作ることができます。
フリンジの長さ、結び方を変えればアレンジは無限に。

こちらでは、いちばんベーシックな作り方をご紹介します。

結んで作る フリンジサコッシュ

¥6,600-

   

 

ーーーーーーーー 作り方 ーーーーーーーー

 

 

【 用意するもの 】
・結んで作る フリンジサコッシュ 1セット
・はさみ

【キット内容】

①革パーツ 1枚
②フリンジ用の革紐 22本
 (実際に使用するのは20本。予備2本)
③ショルダー紐(140cm) 2本
④RENロゴ真鍮チャーム+紐 1組</br/>

 

 

1.革パーツを半分に折ります

 

〈丸穴〉ショルダー紐を通す穴
〈サイドの切り込み〉フリンジの革紐を通す穴

丸穴を上にして、丸穴とサイドの切り込みを合わせながら半分に折ります。

2.フリンジを作ります

半分に折った革パーツの、一番下のサイドの切り込みからフリンジを作ります。フリンジ用の革紐を、革パーツの表面から裏面に向かって切り込みの穴に通していきます。

通しにくい場合は、ヘアピンなど先端のとがった物で押し込むと通りやすくなります。

3.フリンジの長さを揃えます

通した革紐の長さが均等になるように、引き出して革紐の先端を揃えます。

 

4.フリンジを結びます

革紐を片結びでしっかりと結びます。



同じところでもう一度、片結びをします。1箇所につき2回片結びをしながらフリンジを作っていきます。


同じように、すべての切り込みに革紐を通してフリンジを作ります。

 

両サイド、すべての切り込みにフリンジを作ると、このような状態になります。


5.ショルダー紐を通します

革の表面からショルダー紐を通していきます。

なみ縫いの要領で、9個目の丸穴までショルダー紐を通します。

表面の丸穴にショルダーを通し終えると、このような状態になります。

 

 

6.ショルダー紐を結びます

通したショルダー紐の先端を結びます。

紐の先端をはさみでカットして整えます。

7.反対側の面にも、ショルダー紐を通します

反対側も同じ要領でショルダー紐を通して、はさみでカットします。

 

 

8.チャームを付けます

RENロゴ真鍮チャームに、チャーム用の紐をこのように通します。

紐の先端をひと結びして、好みの場所にくくりつけます。

9.仕上げ

両サイドのフリンジを手で揉みほぐします。

ショルダーは、両サイドからぎゅっと絞って口元を閉じます。荷物の重みで自然と口元が閉じる仕組みです。

 

 

10.完成

サイドのフリンジを編み上げたり、お好みでアレンジも楽しめます。
くったりと、やわらかな革の経年変化も楽しみながら使ってみてください。

 

 

アレンジでさらに楽しく。

 

irodo/イロド = “貼って彩る”
アイロン不要の転写シールを使ってアレンジも楽しめます。
布用の転写シールですが、
RENのピッグレザーとの相性は抜群。
コインを使って簡単に模様をつけることが出来ます。

irodo / シール
¥517-

RENオリジナル・ピッグレザーのはぎれパック。
バッグにはならないけれど、まだまだ使える革のはぎれは
切ったり貼ったり自由な発送で楽しめます。
はさみと木工用ボンドで、工作感覚でお使いください。

ピッグレザー / はぎれパック
¥1,320-

おうちで、手作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?