Column

ご愛用者まさにインタビュー!<vol.3>会社員 / 樋口さん

RENのアイテムを愛用する人々にお話を伺い、人それぞれの目線で感じているREN製品のあれこれを発信するコラム。
今回は、お買い物やワークショップ開催の折に蔵前店にご来店いただくお客様の一人、樋口さんにお話を伺いました。

RENとの出会いは
蔵前店のサンプルセールDMから

蔵前界隈で働いている樋口さんが最初にRENを知ったのは、今の職場で働き始めた2015年頃に、蔵前店のサンプルセールのフライヤーを手に取ったことがきっかけだったそう。そこから蔵前散策の折にはRENのお店にも遊びに来てくださるようになったそうです。

——— 初めて買ったバッグはどちらになりますか?

樋口さん:「ブルー系で今はもう無い色になりますが、ピッグスキン・ハリーのA4が入るサイズのトートバッグだったと思います。A4が隠れるくらいだったので、ワイドトートMかな。最近は別でリュックやランチバッグSを使っているので、ワイドトートMはお休み中です。」

そのワイドトートMの代わりに現在お使いいただいているのが、ハリー・ランチバッグSのブラック。2019年2月の蔵前店リニューアルオープンの際にお買い上げいただいたものだそうで、まだ使い始めたばかりとのこと。

樋口さん:「この小さいバッグが、意外と色々収納できるしA4を持ち歩かない時にとても丁度良くて、ほぼほぼ毎日、通勤用で持ち歩いていますね。」

普段から革製品を好んで使っているという樋口さん。ハンドルの部分には蔵前店のご近所のショップで見つけた赤茶色の革のカバーが添えてあり、樋口さんのオリジナルな使い方をされているのが印象的でした。

RENのレザーは
“質感がとにかく不思議な感じ”
ケアも自分流に

お話を伺う中で、これまでいくつもの革製品を愛用されていて、革のことをよく調べていらっしゃるように感じたので、”初めてRENの素材を見た時、どんな印象を持たれましたか?”と伺ってみました。

樋口さん:「(この質感は)初めてだなぁって思ったんですよね。クローム鞣しとタンニン鞣しなどでよくみるツヤツヤした革しか知らなかったので、RENさんの革はサラサラしていて”こんな革もあるんだぁー”って不思議な感じがしましたね。」

RENのオリジナルピッグスキン・ハリーは、”素上げ”と言って、染料で染めた後に見える色ムラや元々の傷をお化粧で隠さず、柔らかな素の風合いをそのままに仕上げたレザーです。そのマットな風合いがぱっと見ではレザーっぽく見えず、時々、通りすがりで初めて蔵前店へご来店されるお客様から「遠くで見た感じはキャンバス地か何かの生地もののバッグだと思っていたけど、よくみたら豚革なんだね」と驚かれることがあります。

ちょっと不思議な素材ゆえに、お客様からお手入れ方法について質問されることも多いRENのレザー。日頃のケアについて樋口さんは、RENでご提案しているお手入れ方法をベースに、気まぐれで防水スプレーをかけたりブラッシングをしたりとご自身が使い慣れたケア用品を活用しながら、色々と試していただいているとのことです。

———— 普段は何を入れて持ち歩いていらっしゃるんですか?

樋口さん:「ちょっと入れてみていいですか?笑 、、、手帳とお財布、文庫本、携帯電話、あとはお手紙ファイルを入れたりとかで、こんな感じですね。プラス折り畳み傘も入るしで、普段持ち歩くものなら容量的にランチバッグSがちょうど良い感じです。」

ランチバッグSは
電車で読む本を持ち歩くのにも
ちょうど良いんです

ランチバッグSには、毎日何かしら本を入れて持ち歩いているという樋口さんは、読書が大好きという素敵な一面の持ち主。樋口さんのインスタグラムではおすすめの本や読んだ本の感想のほか、蔵前書房さんでのお話を時折投稿されています。

———— ちょっと余談になりますが、本(読書)がお好きなんですね?

樋口さん:「偏りはありますが、読書が好きでいつも何かしら持ち歩いています。通勤電車で読む時は1週間に1冊のペースで読んでると思います。(本を読んでいる)見た目がいいなぁと (笑)」

“そういえば、電車で本を読む人をあまり見かけなくなりましたよね”というお話になり、樋口さんも「減ったように思います。でも、私もスマホをさわってる時も結構あるんですけどね(笑)」と一言。そうは仰っていても、読書が大好きで、その時間をご自身の時間の中で大切にされているというのは、とても素敵だなぁと感じました。

そんな樋口さんの今のお気に入りの本を伺ったところ、「描きたい絵がスイスイ描ける お絵かき辞典」という本がランチバッグSからサッと出てきました。

樋口さん:「全然小説とかじゃないんですけどね 笑。銀座線の田原町にある”リーディンライティン”という本屋さんも好きでよく行くんですけど、そこで見つけた本なんです。絵が描けなくても”描ける!”みたいな、描き方がかいてあるんですよ。小説もそうですけど、本てこういう可愛いのが見つかるので楽しいですね。」


初めてのRENワークショップでは
手作りの”トウモロコシ”を

もう一つ、余談になりますが、REN直営各店で定期的に開催しているレザーのワークショップにもご参加いただいたことのある樋口さん。昨年蔵前店で開催された夏の回では、フリンジタッセルを製作する予定で参加したところ、「こんなのもありますよー」とRENのスタッフが制作したレザーのイカやタコ、トウモロコシのチャームに興味を持っていただいたとのこと。同席した小学生チームがイカを選び始めたのを見て「私もトウモロコシをつくりたーい!」と、急遽制作をすることになったそうです。「制作時間内に制作が終われましたー 笑」と、ワークショップの様子を楽しそうに思い返していらっしゃいました。

(ワークショップは各店で定期的に開催していますので、機会があればぜひご参加いただきたいです!)


【当時、樋口さんに制作いただいたトウモロコシ。クオリティがとても素晴らしく、可愛らしく、指導したスタッフも関心していました!】


お持ちいただいているランチバッグSの他にも、同じピッグスキンハリーのミニデイリュックをお持ちで、お仕事で荷物が少し増える時にはランチバッグSと交代でお使いいただいているとのことです。
どちらも使い始めてまだそんなに年月が経っていないとのことですが、これから数年後も樋口さんの愛用品の一つとして活躍していただけると嬉しいなぁと思います。そしてまたぜひ、ワークショップを通じてものづくりを楽しんでいただけると嬉しいです。


【取材にご協力いただき、ありがとうございました!】

———————
<紹介した商品>
ハリー・ランチバッグS/ black
¥ 11,880(税込)