【 WORKSHOP KIT 】ポケットショルダーの作り方

【 WORKSHOP KIT 】ポケットショルダーの作り方
身につけるポケット感覚で気軽につかえる
フラットなショルダーバッグ。
"ポケットショルダー”

内側は2ポケット構造になっているので実用性も携えています。

今回はスタンダードな作り方をご紹介します。

 

 

 

 

 

WORKSHOP KIT
ポケットショルダー
¥6,380-

 

 

 

WORKSHOP KIT

作り方解説

 

【キット内容】

① 革パーツ(大)
② 革パーツ(小)
③ ギボシ 1個
④ 補強用丸革パーツ 2枚
⑤ RENロゴ真鍮チャーム 1枚
⑥ ショルダーコード同色120cm 2本
⑦ 革紐 本体と同色 30cm×2本 / ランダム色 30cm×2本

革パーツにギボシをつけます

 

1. パーツの組み合わせを確認しましょう

本体になる革パーツの向きは写真のようになります。
まず、革パーツ大の[ギボシ穴]にギボシをつけていきます。
※ ギボシについて

ギボシはネジ式になっているので、オスとメスに分けておきます。
2. 革の起毛面からオスを差し込みます
3. 革のおもて面からメスを合わせます

しっかりとネジを回して固定させます。

革パーツを組み立てましょう

\革紐を通す前の下準備・その1/

革紐を1本選び、一方の先端をハサミで斜めにカットして、革パーツの穴に通りやすくしておきます。
\革紐を通す前の下準備・その2/

もう一方は片結びしておきます。
\このような状態にしておきます/
1本にRENロゴ真鍮チャーム1枚を通しておきます
4. 革パーツの両脇の穴を揃えます

革紐は、赤で記した穴同士〜白で記した穴同士が揃うように通していきます。
5. 革パーツの両脇の穴を揃えます

両脇の穴は同じ数分空いています。
6. 革紐を通していきます

まずは、先ほど真鍮チャームを通した紐を使います。スタートは一番下の穴から、本体の背面から差し込み、革紐を片結びしたところが止まるまでしっかりと抜いていきます。
このようになります
7.背面から次の穴へ通します

前面に引き出した革紐の先を背面へ回し、次の穴へ6.と同じ方向で通します。
このようになります

通したらギュッと締めます。
8.背面→前面へ

“背面から差し込み、前面へ引き抜く”を繰り返します。
最後の穴まで通します
9.終わり部分は片結びしてカット

最後の穴まで革紐を通し終えたら、革パーツ3枚の端がゆるゆる、ばらばらにならないよう、隙間を作らないイメージで片結びでしっかりと固定します。余った長さはハサミでカット。
10.もう片側も紐を通していきます

6.〜の作り方同様に革紐を通していきます。
11.終わり部分は片結びしてカット

最後の穴まで革紐を通し終えたら、革パーツ3枚の端がゆるゆる、ばらばらにならないよう、隙間を作らないイメージで片結びでしっかりと固定します。余った長さはハサミでカット。
このようになります

これで本体部分は完成です!

ショルダーコードを通しましょう

補強用丸革パーツ2枚を用意します
通し穴があるので、丸革パーツと通し穴を合わせます
このようなイメージです
12.ショルダーコードを1本選びます

キットには2色付属しておりますので、お好みの方をお選びください。
13.ショルダーコードを通します

ショルダーコードを背面から差し込み、丸革パーツに通します。
14.ショルダーコードを結びます

通したら、ショルダーコードの先を片結びします。
先端をカットして整えます

はさみでカットしてください。
\カットすると綺麗に仕上がります
\もう一方も同様に仕上げます/

 

 

| 完成|

 

 

 

アレンジでさらに楽しく。

irodo/イロド = “貼って彩る”

アイロン不要の転写シールを使ってアレンジも楽しめます。
布用の転写シールですが、
RENのピッグレザーとの相性は抜群。
コインを使って簡単に模様をつけることが出来ます。

 

irodo
¥517-

 

 

 

おうちで、手作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

  

WORKSHOP KIT 商品一覧はこちら